ruokala lokki

0
    評価:
    トゥオモ・ヴィルタネン,荻上直子,群ようこ
    バップ
    ¥ 3,772
    (2006-09-27)

    ほっこりとした天然系のご婦人に圧倒的な人気を誇る今作品。
    上映されたのは7年も前だが、私が見たのは今年に入ってからである。あまりにも有名なので興味があり、それまでにも何度かDVDを借りようと思っていたものの、はたしてこんなかったるそうな映画を一週間以内に見れるのか?と、何年も先延ばしにしていた。
    そんな矢先、友人宅のハードディスクに録画されているのを発見したため、ようやく見ることができたというわけだ。といってもけっこう前の話なので、細かい部分はあまり覚えていない。本来なら、見た直後に詳細な感想文を書きたかったのだが・・・
    とりあえず結論からいうと、ほっこりしているという以外に何の内容もない、むなしい雰囲気映画であった。これは超熟のCMを1時間以上見せられたのと同じだと思ってよい。
    あのCMを1時間でも見ていられるほっこり婦人にはこの上ない超名作であり、見たくない人にとっては、詐欺、時間と金返せレベルの超駄作である。
    見る前からそういう映画だと察しはついていたのだが、でももしかしたら、ストーリーを追うことで感情移入し、不本意ながらほっこりとした気持ちになる、そんな可能性もなくはなかったのだ。だが実際のところ、全くストーリーが存在しない。
    それにほっこりったって、蒼井優や宮崎あおいのようなピチピチギャルなんていくらでもいそうなのに、主役級を小林聡美、片桐はいり、もたいまさこという、どことなく80年代の雰囲気漂う個性的なオバサン陣で固め、主題歌の井上陽水ってのもまた、くうねるあそぶ(by糸井重里)的バブル感を醸している。
    とりあえず出演者に目の保養になるような美男美女が1人もおらず、ドラマチックなちょめちょめもない。ひたすら突拍子もなく、何かをほのめかすような、それでいて実は中身のない、意味不明なやりとりをかわす人々・・・
    しかし、なぜだろう。私はこの映画のつまらなさをもってして口汚く罵ることだって難しくはないにもかかわらず、なぜかそうする気は起きない。ここまでつまらなさが突き抜けていると、逆におもしろいような気さえしてくるのだ。
    ほっこりにこだわるがゆえ、カラッポなカタログ映画に徹しているのは、この作品の特筆すべき点である。それはフィンランドや料理の描き方にも感ずることだ。
    フィンランドである必然性は?そして北欧でなぜおにぎり?そんなもんに「なんとなく」以上の理由はあるまい。そんなテキトーさが解せない者に、この映画を見る資格はないのも同然なのだ。
    だいたい最初はコーヒー出して、それでおにぎり出してシナモンロール、とんかつ定食なんかも出てくるのだが、どういう方向性なんだろうか?コーヒーとシナモンロールでカフェ、おにぎりととんかつで定食屋、私的には別々にしてほしいものだが。
    それに和食を出したとこで、小林聡美は北欧にクールジャパン(おふくろの味)をアッピールしようという気概もないし、左翼のような食へのなみなみならぬ哲学があるわけでもない。客が来なくても平気であるし、そんなおうちカフェ的おままごとが最終的に繁盛してめでたしってな不思議系の謎展開で幕は閉じる。
    これは小林聡美が北欧ファッションで清潔な厨房に立ち、おシャンティなキッチンウェアでとんかつをカラカラカラ〜っと揚げて、ザクッザクッとカットし、もたいまさこがいかにも〜な皿に盛られたおにぎりをパリリムシャ・・・とほおばる。そんなシズル感に満ちたほっこりのミーハーなイメージビデオだったのだ。
    よくこんなもん撮るな〜と、逆に関心してしまう。しかも誰にも相手にされずに忘れられて行くカルト映画に甘んじているならまだしも、これで成功しているのだからなおさらだ。
    一緒に見ていた友人は、ところどころクスリと笑っては「あーお腹がすいてきた♡」「誰かが握ったおにぎりが食べたくなってくる♪」などと言っていたが、私にゃ全く笑いどころがないし出てくる料理をおいしそうとも思わなかった。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.16 Wednesday
      • -
      • 01:19
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM