許せぬわいせつ広告

0
    携帯でインターネット見たら、必ずと言ってよいほど目に飛び込んでくるのがわいせつ漫画の広告。ガン無視しているはずなのに、サブリミナル効果でセリフとか微妙に覚えてしまい腹立つ。
    ここまでサイバー空間の広告に腹立ったのは、一時期YouTubeに表示されていた久保田利伸のボイトレ講師以来だ。

    久保田利伸のボイトレ講師(YAHOO!知恵袋)
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1039315110
    久保田利伸のボイトレ講師を消したい。(YAHOO!知恵袋)
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1040377680
    久保田利伸のボイトレ講師(Birth of Blues)
    http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51047681.html
    Youtubeから久保田利伸のボイトレ講師を消す方法(2ちゃんねる)
    http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1269512798/


    私がつねづね不思議に思うのは、なぜわいせつ漫画というものはあれほど設定に無理があるのかということである。レイプや近親相姦といった鬼畜気味なものから、最近よく目にするのが僧侶に下からガンガン突かれてるような奴。
    のどかにネットサーフィンしている一般的な視聴者にポンチ絵とはいえなかば無理やり挿入場面を見せつけるのはいかがなものかと思うし、第一なぜ僧侶なんだと怒りが頂点に達した次第である。近ごろ葬式など既得権益を保守しようとする仏教界において、仏教離れしつつある現代日本人にそのありがたさをステマするような動きが見受けられるのだが、もしかすると僧侶セックスもその一環なのだろうか。
    基本的に私が違和感をおぼえるのは、男向けよりも女向けのわいせつ漫画だ。叔父と姪が性交している漫画もよく見かけるが、あれも絵柄やセリフなどから女向けとわかる。
    なぜ普通の男ではダメなのか。エロ、広告というダブルのウザさに加えて「設定に共感をまったく覚えない」という点が第三にして最大のウザさなのである。
    だからこそ、いたいけな娘を手込めにするような男のわいせつ漫画は、その欲望が生物学的に普遍なのでまだマシなのである。それでも、ウザいことには変わりないが・・・
    私以外の人はどう思っているのかと検索したところ、わいせつ広告を批判するサイトにもやはり僧侶や叔父の漫画が表示された。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.15 Wednesday
      • -
      • 19:27
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM