なでなでvsハメハメ

0
    女の子の頭をなでるゲームCMに賛否両論 「本当に気持ち悪い」「いや過剰反応だ」(6月22日 J-CASTニュース)
    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0622/jc_150622_1785061664.html

    女の子の頭をなでて行うスマートフォン用ゲームのテレビCMについて、ツイッターなどでその是非が論議になっている。「不快になる」との声が出る一方で、「過剰反応だ」との反論も出ている。
    ゲーム会社「コロプラ」が手がける「バトルガール ハイスクール」は、女子校の新任教師が侵略者から地球を救おうと生徒たちと戦いに挑むという設定のものだ。
    教師は、女の子たちの頭をなでることで親しくなり、彼女らを戦わせることができるようになる。
    そのテレビCMは、2015年6月1日からスタートした。
    第1弾の「なでなで編」では、「Happy Birthday to You」の替え歌で名前を呼ばれた女の子のキャラが、手のマークで頭をなでなでされると、「先生〜」と声を上げる。すると、女の子の周りはハートでいっぱいになり、その豊満な胸も揺れる。その後も、次々に女の子が現れ、なでられると、「落ち着きます〜」「くすぐったいです〜」と声を出していく。
    ・・・
    CMが始まってからは、ツイッターなどで、深夜時間帯ばかりでなく子供も見るゴールデンタイムなどにも何度も流れていたとして、疑問や批判が相次いだ。
    「あのCMは気持ち悪い」「お茶の間が凍りつく」「まるでエロゲー」「女性を馬鹿にしてる」...
    さらに、新聞の投書欄にも、批判的な意見が載った。朝日新聞の大阪地区の21日付朝刊「声欄」では、兵庫県在住の塾講師女性(39)による「女の子なでるゲーム 不快感」というタイトルの投書が出た。
    ・・・
    その内容に共感する声も出ているが、一方で、「投書のような過剰反応は気持ち悪い」「これは言いがかりだと思う」「あくまでただのゲームだよ コレ」「現実と虚構の区別も出来ない」といった異論も多く出ていた。
    ・・・



    「先生・・・っ!」

    「おちつきますーぅ♡」

    「・・・くすぐったいです」

    「ふんに〜」

    ネットで気色悪いと話題になっていたので動画サイトで見てみたのだが、これは私だったら全然気にならないなと思った。そもそも画風が今風すぎて、あたいのような古い人間にはエッチなのかどうかよく分からない。
    どれくらい分からないかというと、この絵が何年か前に友人の勧めで見た「けいおん」というマンガの登場人物に見えるレベルである。というか、このゲームも見た感じ「けいおん」と同じく若い女の子しか出てこないんじゃないかと思うが。
    また音声もバックに何言ってるか全然分からないハッピーバースデイトゥーユーの替え歌が流れる上に、なでなでするときの効果音なのか「ブニブニ、ポエーン」と変な音がするので女性たちの声がよく聞き取れなく、聞いたところで「ふんに〜」とか言ってて理解不能だ。しかし言われてみると確かに、なでられている女性が豊かな胸をプルっとさせながらおフェロ顔で「先生」と言っているので、何度も流れていると「・・・男の先生がなでてんのかい?」と、神経逆なでられることもあるのだろうと同情はした。
    だがやはり私的には携帯で幾度か目にする僧侶のセックス漫画のほうが気になってしまう。それまで広告は無意識に無視していたのに、幼き頃に親しんだ少女漫画ふうの絵柄と僧侶という突拍子もない設定から、つい目がいってしまうのか、私が広告にイラつく引き金になってしまった。
    のどかにネットサーフィンしているところに、僧侶とハメハメしているシーンが出てくるのに比べたら、なでなでくらい可愛いもんじゃないだろうか。いづれにせよコンテンツそのものではなく、見たくない人にまで見せてしまう広告の打ち方に問題があると考えられる。
    ところで僧侶のほかにもう1つ気になるのが叔父と姪がハメハメするような少女?漫画の広告だったのだが、私の調査により携帯に表示される叔父漫画は3種類あることがこのほど判明した。

    パパ許して・・・〜今夜、叔父に大人を教わります(めちゃコミック)
    http://sp.comics.mecha.cc/books/85198

    小さいころに死んでしまったパパに代わって、ずっと私を見守ってきてくれた大好きな叔父さん。なのになんで、こんなに胸がドキドキするの…。』女子大生の芹香がひそかに恋心を寄せているのは、父親の弟。彼にお祝いしてもらいたくて就職活動も必死に頑張れた。『お願い、ご褒美をください。一度だけ…。』彼女が望んだのは《一日だけのデート》。いけないことだとは分かっていても、彼を、そして彼の肉体を求めてしまう。「俺は兄貴じゃない…。お前が欲しいのはやさしく甘やかしてくれるパパなんだろ」思いがけない叔父からの言葉に、動揺してしまう芹名。「パパの代わりなんて思ったこない、お願い私に伝えさえて…」はたして、すれ違うふたつの心は…。『神様お願い、勇気をください…』≪ちょっとHで、すごく一途な、ラブストーリー≫


    保護者失格。一線を越えた夜(Renta!)
    http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/54819/

    「叔父さん……私、もう子供じゃないよ……」 裸の姪とお風呂で絡め合う舌。叔父の繊細で長い指が丁寧に弄ると、激しく濡れ出す下半身。 子供だと思っていた姪は、いつの間にか大人の身体、女の表情になっていた……。 8歳の時に両親に先立たれたちづるは、それ以来、叔父に引き取られ2人きりの家族として生きてきた。 けれど、ちづるがハタチになった夜をきっかけに、その関係は崩れ出して……。  


    相姦の赤い河岸(Renta!)
    http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/42214/

    幼い頃、蒸発してしまった両親の代わりに、友美を育ててくれた叔父の要(47)。しかし2人だけの日々を過ごすうちに、歳が離れているにもかかわらず……深い深い男女の関係になってしまったから、さあタイヘン! 夜な夜なカラダを求めあい、心を貪りながら体液と愛液を渦のように混ざり合わせていた……そんなある日。二人の前に、明るい未来を約束してくれるであろう、婚約者・真治が出現し、友美と真治の結婚までのカウントダウンが始まった! ――それは二人の愛欲の日々の終焉を告げる鐘音となるのか!? 道徳と背徳の狭間でせめぎ合う、要と友美。決して越えてはいけない川を渡ってしまった二人は、それぞれの幸せを夢見ながら、漆黒の川を精一杯泳ぎ続ける。


    あらすじを見たところ、作者が別人なのにも関わらずすべて主人公が小さいときに両親がいなくなって叔父と2人きりで育った設定になっている。まず叔父が恋愛対象にならないうえに、育ての親だったらなおさらだと思うのだがなぜこの設定が女たちに人気爆発なのだろうか。
    なでなでCMがロリ男の願望を反映していて恐ろしいと酷評されるいっぽう、叔父とハメハメしてる姪の漫画にもやはり今どきの娘さんの性欲が反映されているとしたら、実はわれわれが思うよりも男と女の利害は一致してるんじゃないかとふと思った。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.15 Friday
      • -
      • 01:34
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      ちょいとしつこくコメントしちゃいます(´・ω・`)
      私は不快ですね〜あのCM
      気持ち悪いです…

      叔父とハメハメもロリコンヲタ向けだと思います…
      女性ならちょっと前の小コミの方が相手もイケメンなのでそっちのがいいと思いますね。


      それはおいといて…
      僧侶の漫画、あれ。
      ヒロインが、合コンだったかな?同窓会だったかな?で、
      相手の男が坊主だから、そんな坊主(禿)に恋するわけないじゃない!!!
      と思ってたら…お持ち帰りされーの・・・って話です
      • ゆうな
      • 2015/06/28 1:35 AM
      叔父ハメ、ロリコンくそ野郎向けでしたか…。すみません、ふだんマンガ読まないもので。
      少コミは小中学校のころ友達の読んでました。当時からエロかったけどそういえば叔父ハメみたいなのはなかったですね。
      せいぜい血のつながってない兄弟とか。

      僧侶と交わる色欲の夜は無料立ち読みした感じ、思ってたほど不快ではなかったのですが、携帯に表示される「イキたい?」って不気味な表情とか乳吸わしてるアホ女があいかわらず目ざわりです(・_・;
      • 管理人
      • 2015/06/28 5:29 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM