アパま田吉彦

0

    アパホテル中国で批判 全客室に南京大虐殺否定本(1月18日)

    http://mainichi.jp/articles/20170118/k00/00m/030/176000c

     

    アパホテルの客室に南京大虐殺を否定する本が置かれているとして、中国と左翼が批判しているとのニュースが今話題だ。同じ物かどうかは知らぬが、私もあの有名社長の夫が書いた本を読んだことがあるので「あ・・・あれが話題に」と、目ーつけてたアイドルがブレイクしだす時みたいな感慨を覚えた。

    だが人種差別したとかならまだしも、中国人に泊まってもらうからと言って中国共産党の歴史観に屈する必要もあるまい。で最近アパ以外でも聖書じゃなく竹田恒泰訳の古事記が置かれていることもあることなどもありネトウヨホテルの話でもしようと思ったけど、アパで検索するとやたら袴田吉彦の記事が出てくるので予定を変更し袴田について書くことにした。

     

    ホテルのポイントでグラドルと逢瀬!? 袴田吉彦が“アパ不貞”で完全に笑い者に(1月16日 アサ芸プラス)

    http://www.asagei.com/excerpt/73641

    ・・・

    「不貞相手も皮肉なことに30歳のグラドルということですが、今回の報道で最も注目を集めているのがその密会場所。相手の女性によれば、袴田はビジネスマンご用達のビジネスホテルの“アパホテル”にばかり行きたがっていたとのこと。15年9月に出会ってからその年の暮れまで約10回ホテルに行き、その内の7回はアパホテルだったそうです。激安というわけではありませんが、芸能人の逢瀬にはかなりリーズナブルな印象。なんでもメンバーズカードでポイントを貯めるほど、同ホテルを重宝していたようですね(笑)」(女性誌記者)

    ・・・

    アパホテルにはよもやのいい宣伝になったという声もあるが、あくまで健全なビジネスホテル。世間の出張組が「今回はアパだった」と言ったら、奥さまに疑いの目で見られかねない。「アパ不貞」が流行語になるわけがないとはいえ、芸能人の“火遊び”はもっと安全な場所でやっていただきたいものだ(笑)。

     

    袴田吉彦という固有名詞を聞くこと自体がずいぶん久方ぶりのような気がするが、現代の若い娘さんは御存知なのだろうか。私が最初に袴田を知ったのはTBSドラマ「いつも心に太陽を」(94年1月〜3月)だった。

     

    「 大切な君の胸へ・・・ 」 藤川賢一(YouTube)

    https://www.youtube.com/watch?v=yC80dORV6D8

    これ西田敏行と観月ありさがテレクラで出会い恋に落ちるという気色悪いドラマで、美女と野獣的組み合わせに当時「101回目のプロポーズ意識してんのか?」と思ってたけど、今Wikipediaを見たところ前年(93)に人気爆発した高校教師意識らしい。しかし当時の野島伸司は天才すぎたので格は全然違う。

    いちおう高校教師とかと同じ金曜の10時からやってたんだけども、観月ありさは「ぼくたちのドラマシリーズ」またその後「ナースのお仕事」が代表作にもなったように、どっちかというとフジテレビの中でもコミカル路線のノリだったので桜井幸子と違ってTBS金曜10時の雰囲気は皆無だった。もともと高校教師は観月氏がキャスティングされていたけど、内容が過激すぎると断った経緯があったという。

    くしゅくしゅ時代なので太眉やチョーカーなどファッションが今ぽい。画像ないけど袴田はこのドラマでいつも車いす乗ってる病弱な役で、それまで見たことないタイプの顔と苗字だったため非常に印象に残っていた。

    調べてみるとやはりこの作品がドラマデビューだったようである。それにしても当時のドラマは若い娘がおっさんとつきあってるって設定がけっこう多く(高校教師にいたっては京本政樹とか赤井英和とか峰岸徹とかおっさんばっかりで若い男は全然出てこなかった)、来るルーズソックス時代も「援助交際」イメージ、もしくは小室さんのようなJKに人気のプロデューサーなど、おっさんは性とひきかえにギャルの経済力や文化を裏で支える存在であり続けた。

    このドラマの後袴田は内田有紀主演「時をかける少女」(94年2〜3月)に未来人ケンソゴルの役で出ていたらしい。こっちは見たことないけど、くしゅくしゅ世代感覚のフジテレビドラマ群「ぼくたちのドラマシリーズ」のうちのひとつであり、袴田氏も内田有紀やいしだ壱成と並び当時の新しい俳優として売れっ子になっていったのだった。

     

    はなまるチェック(1994年)

    https://www.youtube.com/watch?v=avq_yLI2TTE

    初期の袴田氏が出ていた番組で印象深いのが、フジテレビ系「学校では教えてくれないこと!!」(94年11月〜95年9月)である。朝の番組「ウゴウゴルーガ」を踏襲したいかにもくしゅくしゅソックス時代っぽいノリだったが、短い放送期間のあいだに袴田氏ほか神田うのや吉川ひなの、ビビアンスーなど今までに見たことのないような新しい感覚の新人たちがこぞって出演しており、ルーズソックス時代の到来を感じさせられた。

    神田うのはグンゼのタイツで成功してからタカビーなセレブキャラになっているが、出始めの頃はまだそんな実績もなく「うっのでーす!!」とやたらやかましい、というかルーズソックス時代によくいた可愛いけどぶっ飛んでる系の女だった。このキャラで成功したあと、タイツで巨万の富を得るまでのあいだに石井一久とつきあって野村沙知代と闘っている時期もあった。

    この番組に出てくる素人女子高生の靴下がすでにくしゅくしゅではなくルーズと言えるレベルにまで達している。動画のタイトルに1994年とあるので、にしちゃかなりルーズだな???と思ったけど、動画をよく見るとバレンタインとか言っているので1995年の2月だろう。

    この頃のくしゅくしゅからルーズへの転換はかなり早いと思われる。髪も茶色いし地べたに座っているしで、もう95年入ってすぐに「コギャル」としての基本形が完成されていた模様。

    モテない男がロン毛のモテ男にアドバイスを受ける。モテない奴新垣氏ぽい。

     

    はなまるチェック:学校では教えてくれない (帰ってきた遅刻者チョメチョメ団)(YouTube)
    https://www.youtube.com/watch?v=ysl0WOKwtZc

    これも冬服なので同じ時期の放送だろう。女子高生はくしゅくしゅはすでにルーズ化、茶髪でメイクも濃い。

    野次馬がみんな写ルンですで撮ってる。てかこの記事全然アパも袴田も関係ねぇ。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.22 Saturday
      • -
      • 00:11
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM