団塊よりも

0

    くしゅくしゅソックス世代(1973〜76生まれ)およびルーズソックス世代(1977〜80生まれ)など、おもに1970年代生まれの若き日を解説することの多いわがブログだが、それとは別に着目しているのが1930年代生まれだ。この世代は今80代くらいなので最近はじょじょにあの世に逝っており、先日もテレビを見ているとこんなCMが流れていた。

     

    ボス『昭和』篇 60秒 トミー・リー・ジョーンズ サントリー CM(YouTube)

    https://www.youtube.com/watch?v=MW0ynGlUOr8

    永六輔「昭和ひとけた族というのは調子がいい、目立ちたがり屋といわれ・・・」

    宇宙人ジョーンズ「この惑星の昭和と呼ばれる時代には濃いい奴らがいたらしい」

    ・・・

    蜷川幸雄「やりたいこと、ちゃんと自己主張しなさいと」

    大橋巨泉「人間生き方だけは自分のチョイスでいきたいんだよね」

    永六輔「世の中変わっていくけども絶対変えてはいけないものは変えない」

    宇宙人ジョーンズ「この惑星の昭和はこれからもどこかで生き続ける」

     

    このCMのシリーズ前から意味分からんし気持ち悪いと思ってたけど、これ見て左翼が作ってたんだ。と確信した。上記引用にもあるように、この世代には「昭和ひとけた世代」という名前がついている。

    しかし私的にこの世代は「太平洋戦争時にいちおう生まれてたけど戦争逝ってない」ってのがポイントなのに、昭和のひとけたやふたけたで分けると、戦争知ってる1920年代生まれまで1930年代生まれと同じカテゴリになっちまう。この違いに関してはウィキペディアにも明記されている。

    昭和一桁(Wikipedia)

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E4%B8%80%E6%A1%81

    成長過程

    「昭和一桁世代」には2つの層がある。それは、昭和一桁前期生まれ(1926年(昭和元年)末〜1929年(昭和4年)生まれ)と後期生まれ(1930年(昭和5年)〜1934年(昭和9年)生まれ)という2つの層である。前期の人々の多くは、大戦末期に兵士として戦地へ動員され、また軍需工場に徴用されるなどで、戦争に参加した。特別攻撃隊として出撃したり工場で空襲を受けたりして戦死した例も少なくない。後期の人々の多くは、地上戦が行われた沖縄などの少年兵を除いて戦地へ動員されていない。

    昭和一桁後期の人々は予科練にも間に合わなかったが、青年学校で軍事教練を受けて、学童疎開などを経験した。この場合、1920年代生まれは「真っ只中の戦中派」、1930年代生まれは「焼け跡闇市派」と呼ばれる場合もある。例えば1927年(昭和2年)生まれであれば第二次世界大戦終結時に18歳であるのに対し、1934年(昭和9年)生まれだと終戦時に11歳であり、一口に昭和一桁といっても第二次大戦の記憶は人それぞれであるが、大正期からの文化的連続性があった昭和初期の平和であった時期の記憶を持つのは、この昭和一桁前期生まれが最後の世代である。

    そのため1920年代終盤(昭和元年生まれ〜昭和4年生まれ)に生まれた人々は、小学校卒業後の思春期に第二次大戦に遭遇した。対して1930年代前半(昭和5年生まれ〜昭和9年生まれ)に生まれた人々は、日中戦争の最中に小学校に入り、第二次大戦の最中に小学校(第二次大戦中の国民学校)を出たか、小学校在学中に終戦を迎えた。

     

    世間一般で話題になりやすいのは戦後ベビーブーム時に生まれたうわゆる「団塊世代」であり、このブログで言及することの多い70年代生まれも団塊ジュニアなどと名前がついているらしいのだが、私はそこまで団塊が重要と思わないというか、戦後世代のノリは皆1930年代生まれの影響下にあるくらいに思っている。また右翼がよく日本のマスゴミが左翼寄りなのをGHQの陰謀のせいにしておるのも、じつはGHQというより戦後民主主義に毒されまくった1930年代生まれが新しい産業だったテレビの業界を作ってきたために左翼のノリが伝統化したというのが実際のとこではなかろうか。

    戦前までラジオや映画が中心だった娯楽にテレビがくわわるし、当時20歳代である1950年代後半にはテレビだけでなく冷蔵庫と洗濯機が「三種の神器」としてもてはやされた。てことは家事の厳しさからも解放されていたってことであり、戦争逝ってないにとどまらずもっとも若く経済成長の豊かなノリを謳歌しまくった世代であるし、そのせいか多くが80歳代を超えた現在においてもあまり年寄りくささがない。

    といっても上記に引用したボスのCMで「昭和と呼ばれる時代には濃いい奴らがいた」と言っているようにアクの強い人が多く、その昭和感、老害感も団塊より上回っている。そうした30年代生まれが長らく支配してきた戦後的価値観をすごい勢いで破壊し昭和を強制終了さしたのが、冷戦終わってバブル崩壊して日本とか左翼が落ち目になった戦後50年ごろに出現したくしゅくしゅソックス世代でありルーズソックス世代だった。

     

    1930生まれ

    キダタロー、竹村健一、左幸子、野坂昭如、小山内美江子、高島忠夫、俵孝太郎、深作欣二、ハナ肇、藤岡琢也、梶山季之、二谷英明

     

    1931生まれ

    宇津井健、高倉健、ジャニー喜多川、有吉佐和子、すぎやまこういち、漣健児、水野晴郎、山田洋次、八千草薫、いかりや長介、勝新太郎、篠田正浩、来宮良子、大村崑、芦屋雁之助

     

    1932生まれ

    野村沙知代、石原慎太郎、谷啓、本多勝一、小林亜星、大島渚、青島幸男、小田実、有馬稲子、早乙女勝元、秦郁彦、鈴木その子、五代目圓楽、長門勇、フランク永井、白土三平、仲代達矢、江藤淳、堀威夫、五木寛之、森田実、船村徹、田中邦衛、桂由美

     

    1933生まれ

    黒柳徹子、永六輔、浅利慶太、草笛光子、菅原文太、藤島泰輔、ペギー葉山、尹学準、扇千景、篠沢秀夫、林えいだい、藤本義一、児玉清、伊丹十三、藤子不二雄、藤田まこと、岡田茉莉子、淡路恵子、オノヨーコ、大山のぶ代、森村誠一、天皇陛下

     

    1934生まれ

    宝田明、長門裕之、山田太一、愛川欽也、東海林のり子、灰谷健次郎、米倉斉加年、田原総一朗、井上ひさし、倉本聰、白木みのる、松井やより、大橋巨泉、横山光輝、小中陽太郎、筒井康隆、玉置宏、山村美紗、美智子様

     

    1935生まれ

    筑紫哲也、美輪明宏、大江健三郎、高畑勲、田宮二郎、浜木綿子、赤塚不二夫、小澤征爾、桑田次郎、西尾幹二、大藪春彦、朝丘雪路、酒井政利

     

    1936生まれ

    長嶋茂雄、梶原一騎、野沢雅子、さいとうたかを、内海好江、毒蝮三太夫、野際陽子、桂歌丸、つのだじろう、山崎努、川口浩、梁石日、横田早紀江、北島三郎、湯川れい子、楳図かずお、内山田洋、市原悦子

     

    1937生まれ

    樺美智子、モンキーパンチ、小沢遼子、美空ひばり、横澤彪、若杉友子、阿久悠、左とん平、加山雄三、桐島洋子、加茂さくら、ばってん荒川、平尾正晃、花紀京

     

    1938生まれ

    和田春樹、島倉千代子、猪狩章、山尾三省、石ノ森章太郎、山城新伍、田辺昭知、小林旭、大林宣彦、なかにし礼、ミッキー・カーチス、細木数子

     

    1939生まれ

    水森亜土、橋下淳、内田裕也、中沢啓治、赤木圭一郎、ちばてつや、千葉真一、黒部進、高田健三、五月みどり、寺内タケシ、畠山みどり、かまやつひろし、山下敬二郎、徳大寺有恒

     

    突然30年代生まれの著名人を列挙してみたが、こやって見ると左翼、芸能、歌謡、漫画、アニメ、ドラマなど戦後文化の大御所が多い。その前の20年代生まれがまだ年寄り臭いのに比べ、30年代生まれは服装も若いし洋楽、洋菓子、ニンニクみたいな異国の文化に苦手意識もない戦後世代であることをふまえると、今たとえばSNSとかやってたとこでそんなに驚くことではないであろう。

    だから戦前、戦中生まれであるとか80過ぎとかいうと私のようなピチピチギャルから見ればすごい爺のような気がするしめっちゃ戦争知ってるイメージあるけど、それにまどわされてはならない。なんでこんなこと書いたかと言うと、戦前の悪で恐ろしいイメージがGHQのステマにくわえこの世代(の左翼)によって作られたものという気がしてならないのだ。

     

    はだしのゲン作者の中沢啓治は1939年生まれなので終戦時6歳である。被爆したといっても戦争中の話はリアルで見てきたものではないであろう。

     

    松井やより発言集(YouTube)

    https://www.youtube.com/watch?v=YHQF3opeHR0

    松井やより「その兵隊たちをですね、殺人鬼って言われたり強姦魔って言われたり強盗ってね、アジア行ったらみんな言ってますよ。そういうふうなことをさせるような状況にしたのが誰なのかどういう行動なのか。その責任者をね私たち自身の手で問うてないわけでしょ。ですからね、それが第二でしょ。それからもうひとつは補償ですよ」
    田原総一朗「お父さんは中国で何してらっしゃった」
    松井「あの、兵隊です。二等兵です」
    田原「・・・じゃあ同じようにされてたんじゃないですか」
    松井「そうです」
    田原「いや殴ったり」
    松井「殴ったり、されたんですよ」
    田原「いやいやそうじゃなくて。殴ったり、したんじゃないですか」
    松井「いえ、できない。うちの父はね、どういうふうにしたかっていうと、その殺さなくていいようにハンストみたいに非常にこう抵抗してですね、それはこっそりですよ。で通信部隊っていう全然殺さなくていいところにね行って、そして父がまぁキリスト教の関係だったもんですから、そのー中国の子ども達にいろいろしたりなんかしたからね、すぐ・・・」

     

    なんか男を叩いているような女(もしくは女を叩く男)などを見ると、この人自分のお父さんやおじいちゃんのことはどう思っているんだろうか。とつねずね疑問に思っていたが、松井氏のように「うちの父だけは日本人で男だけど例外」ってパターンもあるらしい。ともかく30年代の語る戦争の残酷さの多くは実際の体験でないうえ、何か特定の思想にもとずいた感がすごいので話半分に聞くことにする。

     

    昭和ひとケタ世代日本を怒る1983年1(YouTube)

    https://www.youtube.com/watch?v=Z-44U9yxC8I

    石原慎太郎「ぼくは中学1年でした。戦争はあっけなく終わった感じがしましたけどね、それから一両日おいて私の住んでいる逗子湾の付近にアメリカの連合艦隊がやってきましてね、とにかくそれを迎え撃って死ぬんだということを大人たちが言い、私も15歳でしたけども、あーやっぱり自分も死ぬのかな死ななくちゃならんのかなという感じがしましたがね、別に恐怖心はなかったけどもそういう意味じゃその、私に限らずみんな軍国少年だったと思いますがね」

    田原総一朗「野坂さんは終戦のときは小学校?中学ですか」

    野坂昭如「みなさん数えでおっしゃってるから数えでぼくも言えば16歳ですね、中学3年です」

    田原「8月15日の思い出はいかがですか」

    野坂「ちょうど福井県の春江ってところにいまして、そこはぼくがそれまでいた神戸の瀬戸内海に面した町から比べると配給が非常によくて、比較的おだやかに暮らしてたんですね。なんか戦争の影も形もないみたいな感じでした。ぼくたちは確かに軍国少年で8月15日っていうとたいていは天皇の言葉がよく聞こえなかったって言うんだけども、どういうわけだかわりによく聞こえたわけですわ。でこれは負けたってことはすぐにわかったです。負けたってことがすぐわかったとたんに生物的反応として、もう空襲がない殺されなくてすむってことがまず考えた」

    田原「小田さんは38年前の8月15日、中学ですか?」

    小田実「中学一年生ですね」

    田原「いかがですかそのときの印象は」

    小田「ちょうど今野坂さんがおっしゃった8月14日の大阪の大空襲があったんですね、で砲兵工廠ってのが完全に全滅したんですけども、その近くに私住んでたんですよ。で私防空壕に入ってましたからね、14日のほうが印象的ですね。14日やっとこさ生き延びて出てきたらビラが落ちてましてね、それもう戦争終わりましたと書いてあるんですよ、お国の政府が降伏して終わったと書いてあるんですね。でこれいったい何だって思ったですよ。まあそれは私の根にあるんですけどね、飢えと空襲のなかで、大都会にいたので、まあやってきたんですね、それであの軍国主義少年だったと思いますよ私も


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.24 Monday
      • -
      • 20:55
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM