0

    「砂糖は茶色の方が体に良い」派に激震? 「あさイチ」が示した「白」との差は...(1月24日 ニフティニュース)

    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-319381/

    国内で販売されている白い砂糖は「上白糖」、茶色の砂糖は「三温糖」と呼ばれている。白い方は漂白しているため、茶色の方が体に良い――

    こんな話を聞いたことがある人も多そうだが、NHKの情報番組「あさイチ」が砂糖に関する特集を組み、漂白はしておらず、白も茶も成分にほとんど差が無い、と放送したことでネット上に激震が走った。
    科学的根拠を示すものはありませんでした」

    「あさイチ」の2018年1月22日の放送ではまず、砂糖はどのように作られているのかを説明した。天然素材のサトウキビから砂糖の基となる「原料唐」を取り出し、それを「結晶」と「蜜」に分離する。「結晶」を液状にして濾過したものが白い砂糖になり漂白はしていない。「蜜」を3回煮詰めて結晶化したものが「三温糖」で、熱によって色が茶色になる。

    番組に登場した女子栄養大学短期大学部の松田早苗教授は、この2つの砂糖の違いは「微々たるもの」とした。成分の違いとしては、「上白糖」100グラムに含まれる成分は、「上白糖」のカリウム2ミリグラム(mg)、カルシウム1mgに対し、「三温糖」はそれぞれ13mg、6mg。数字だけなら差があるように見えるが、カリウムは中くらいのリンゴに350mg、カルシウムはマグカップ1杯の牛乳に220mg含まれている。「三温糖」でこうした成分を摂取しよう考えず、野菜や果物、乳製品で摂取していただきたい、とした。

    さらにNHKの調査として、
    「白い砂糖が茶色い砂糖よりも健康に害を及ぼす、という科学的根拠を示すものはありませんでした」

    と発表した。砂糖自体が体に悪いという説については、番組に出演した東京慈恵大学の西村理明准教授が、
    「過剰摂取はいけないけれども、私たちの頭(脳)はエネルギーとして糖しか使わないため、適切に美味しく取ることが大切です」

    と砂糖摂取の重要性を語った。

    司会の井ノ原快彦さんは、これまで茶色い砂糖が健康によく、白い砂糖は漂白していると信じていたとし、
    「誰がそれを言い出したんですか!?」

    と驚いていた。

    ・・・

     

    白砂糖害悪論は私も聞いたことがあるし、このブログでも何度か言及した。以前赤ちゃんがハチミツを与えられて死亡したというニュースが報じられたさい、親が白砂糖罪悪論を信奉するロハス野郎って前提で批判されていたことがある。

    しかしネットで検索したかぎり、親がロハス野郎ってな説はどっから出てきたのかよく分からなかった。白砂糖害悪論にもとずいてハチミツを与えた可能性も否定しないが、ハチミツはありふれた甘味料なうえ昭和の時代には赤ちゃんに良いと言われていたようなので、ハチミツあげただけでロハスかどうかなんてどうしてわかるっていうんだい。との疑問をブログにしたためたのである。

    そもそも白砂糖害悪論はマクロビオティックというロハス界で人気爆発の食事法から来てる気がした。自然食品の店で販売されている焼き菓子、大手コンビニエンスストアで販売されているマクロビをうたったクッキー、無印良品で販売されているマクロビ意識した(けど実際は違う)クッキーを買って原材料を確認したことがあるのだが、基本的にロハスを目的とした甘味料の主流はてんさい糖なのだった。

    そのほかきび砂糖、メープルシロップ、甘酒といったバリエーションはあるようだが、ハチミツは普通聞かないし、今回の三温糖とやらもはたしてどっからノミネートしてきたのか謎だ。茶色い砂糖ならそこはてんさい糖やきび砂糖を検証してくれよと思ったし、白砂糖も精製してるから〜ってのはあるけど「漂白」は初めて聞いた。

    司会の井ノ原快彦さん同様「誰がそれを言い出したんですか」。「三温糖」「白砂糖は漂白」も、やはり白砂糖害悪論の殿堂マクロビオティックのアレンジバージョンなのだろうか。

    三温糖って比較対象も謎だけど、よく考えたら上白糖100gに含まれる成分は上白糖カリウム2mgカルシウム1mgに対し三温糖はそれぞれ13mg、6mgカリウムは中くらいのリンゴに350mgカルシウムはマグカップ1杯の牛乳に220mgうんぬん・・・って「成分」解説したってしょうがない。白砂糖より茶色い砂糖が好まれる理由としては、甜菜糖の原料となる甜菜って野菜はサトウキビと違って北海道で栽培されるから体を温めるとか、あとサトウキビ原料でもきび砂糖のように精製されきっていないもののほうが一物全体の見地にかんがみて良いという栄養学と無関係な謎理論と推測されるので、茶色い砂糖の優位性が「科学的根拠」にうらずけられてると思うこと自体ロハスにさえ値しないただの都市伝説である。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.13 Monday
      • -
      • 00:33
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM