ますます多様化

0

    ヤマザキビスケット社はナビスコのアメリカンで陽気なイメージをほうむり「ルヴァン」「ノアール」と、ヨーロピアンテイストにシフトしたのだが、今度はヨーロピアン気取りの先駆者であるブルボン社がルヴァンとノアール合体したとおぼしき「ルヴェール」ってネーミングでオレオを発売し、ヤマザキとナビスコの分裂以来オレオ市場は混迷をきわめている。以前からブルボンはココアなんちゃらって名前でオレオ出してたのだけど、「ルマンド」「エリーゼ」「プチ」シリーズなどの前例にならい食べきりサイズの包装に活路を見出した。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.10 Monday
      • -
      • 20:01
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM