あたりはずれ

0

    香港逝ってたので日本で見かけないような菓子買った。珍珍って菓子とかヘテ製菓が日本製に偽装した菓子とかネタぽいのもあったけど、クッキー、全粒粉、ウエハース、オレオ、ピーナッツバターなど完全に趣味に走った。

    m&mのピーナツバター味は日本でも限定で売っててけっこうはまってたのだけど、こっちのは紙箱に直接m&m粒が入っててけっこう量が多い。オレオのウエハース袋開けにくいはオレオの味全然しないはたまに湿気たカールみたいなぬっちゃあ〜とした食感のがあってすごいまずかった。

    キットカットのでっかい版のピーナッツバター入り、ピーナツやカカオのだしがきいてないしこれまたウエハースの食感よくなくて塩っぱい脂食べてるみたいだった。この感じだとオリジナルのキットカットも日本と違う味な気がする。

    最近ブログにミロのこと書いてふと、ミロ味ってどんなだっけ。と四半世紀ぶりくらいに確認したくなったけど、日本ではそこそこ大きな袋でしか売ってなく、これは絶対飲みきれずに湿気てまう・・・。とひるんだので、ミロの菓子やミロの競合商品であるホーリック(グラクソ・スミスクライン社製)や阿華田(ノバルティス社製)の使い切り袋を買ってみた。日本では前述の袋しか売ってないので実際もうミロなんて飲んでるお子さん滅亡しただろと思うほどなのだが、こっちはミロもホーリックも阿華田もいろんなサイズで売ってるし食堂でも出てくるし、使い切り袋のサイズもなにげに大きいけどたぶんこれで一回分なのだと思う。

    こういうのがあると自分で作らなくていいけど砂糖水かと思うほど薄くて味感知できず。元気どころか鬱がみなぎった。

    オレオみたいでおいしそう♪と思ったこれ、クリーム最初からはがれててまたしても鬱。味も食感もよくない。

    もういっこスニッカーズ的な小腹満たす棒はちゃんとココアの味がしたけど、米か麦のパフを水飴みたいなので固めてて、ぬっちゃあ〜とした食感が、ヌガーとかキャラメル苦手な私には微妙だった。というわけでネスレの怠慢ゆえか?キットカットやミロ製品がことごとくトップ○リュみたいな鬱クオリティだったのだが、自分でお湯に溶かして作った阿華田は全然牛乳とか入れなくてもクリープのごときミルキーなコクと栄養が五臓六腑にしみわたり元気がみなぎったのできっとミロも自分で濃いく作ったらおいしいはず。

    パイナップルパンという香港名物の厚切りバター差し込んだパン(別にパイナプルは入ってない)は持って帰ってる途中でバター完全に溶けて袋の中大参事になってたし、エッグタルトも谷折りに。香港はパンがおいしくて、ベーカリーのショーケースに並んでるのも食欲そそるけど食堂で出るピーナッツバター入りフレンチトーストが気に入った。

     

    香港式!香港料理を食べてみる? | 香港ナビ

    https://www.hongkongnavi.com/special/5032482

    香港にもお茶をするお店、軽食やデザートが食べられるお店があります。日本で言う喫茶店ですが、ここもあえて「香港式」喫茶店と呼んだ方が良さそうです。香港式喫茶店で有名な香港式料理の一つに法蘭西多士(フレンチトースト)があります。欧米で生まれた食べ物ではありますが、日本や欧米のフレンチトーストとはだいぶ違います。トーストを卵に付けてバターで揚げるのが欧米で生まれたフレンチトーストだそうですが、香港ではバターで焼くのではなく、油で揚げるため、トーストがたっぷり油を吸いこんでしまいます。さらに油で揚げた2枚のトーストの間には、たっぷりのピーナッツバターが塗られています。体に悪いことは否定できませんが、これが一度食べたら病みつきになるおいしさなのです。

     

    あとポップパンてクラッカーが有名な香港メーカーGardenのピーナツバターサンドのクラッカーと、同社のこれまたピーナッツバターサンドのウエハース(クリーム少なめだけど)両方おいしかった。日本でもリッツやルヴァンのピーナッツバターサンド発売されたら人気大爆発すると思うのだが。

    そういえば香港の菓子パン売り場Garden製にまじってヤマザキ製なんかもけっこう多かったりする。九州のリョーユーパンまで香港進出してるのには驚きだ。

    これは食べ物じゃないけどブラシ忘れたので怪しい市場で買った。髪質すごい悪いので痛まなそうな柔らかいブラシが初日から安く見つかって助かった。

    たまたま通りかかってポーチ買ったエスプリって服屋はくしゅくしゅソックス時代にJKにトートバッグ人気爆発してたってので名前は知っていた。ベネトンとかギャップみたいなブランドだったと推察されるが、現在は香港に会社があり店で服や値段見た感じZARAぽく今の社長もZARA出身とのことである。

    本当はくしゅくしゅ時代のもっとロゴの字がでっかいタイプの服↓かバッグ欲しかったのだけど、ロゴがついてる商品自体少なかった。しかしちょうど化粧品をジップロックに収納してたのでこれを機にポーチ使うことにした次第。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.10 Monday
      • -
      • 00:16
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      search this site.

      links

      others

      mobile

      qrcode

      PR

       

       

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM